ものづくり補助金

  • HOME
  • ものづくり補助金

「ものづくり補助金」とは

誰が使えるのか

事業革新に取り組む事業者。具体的には

  • 機械など設備投資をしたい事業者
  • 外注してソフトウェアを開発したい事業者

補助額・対象経費

  • 補助上限:1,000万円
  • 補助率:1/2以内
  • 具体的には以下5つの事業類型から選択して申請

中小企業庁ものづくり補助金のチラシより

  • 主な対象経費
    • 機械装置
    • 外注で開発するソフトウェア

公募予定時期(予測)

  • 2020年3月中に公募開始
  • 2020年3月から3年間は通年で公募状態が続く
  • 1年に4回締切が設けられる(1年に4回募集があるイメージ)

事業開始可能時期(予測)

  • 最速で2020年07月頃より可能
  • そのタイミングで採択されても半年以上の事業期間(投資可能期間)が確保される見込み

必要な事前準備

  • 成長性加点:経営革新計画の承認
  • 政策加点:小規模事業者、創業5年以内の事業者
  • 災害加点:事業継続力強化計画の認定
  • 賃上げ加点:必須要件以上の賃上げ

択事例

  • 製造業:新たな取組を行うための加工機(マシニングセンタ、旋盤、プレス機械など)の導入
  • 印刷業:新たな取組を行うための印刷機導入
  • 小売業、卸売業:新たな取組を行うための焙煎機導入
  • 小売業、卸売業:新たな取組を行うための充填機導入
  • 情報サービス業:新たな取組を行うためのAI開発
  • サービス業:新たな取組を行うためのIoT活用
  • 歯科医院:新たな取組を行うための歯科医院用機械・器具導入
  • 宿泊業:新たな取組を行うための茶室導入(プレハブのようなイメージのもの)

など、多くの業種で対象となる。